一眼とミラーレスの違い:その2

【センサーサイズの大きさ】


センサーが大きくなれば
当然ながらカメラの本体サイズが大きくなり重くなります。

はい、というか
センサーサイズって何( •‿ • )

イメージセンサーや撮像素子と呼ばれる、
レンズから入ってきた光を電気信号に変換する部品
だそうです!!!

レンズは交換できますが、
イメージセンサーは交換することはできません。

よって、カメラを選ぶ上で、
重要視すべき点なのかなと思います。

【主なセンサーサイズ】
センサー.png

センサーサイズが大きいほど、光を多く取り込めるので
より綺麗に仕上がります。


センサーサイズが大きいメリット

★解像度が上がり、ノイズが減る
★高感度画質、奥行き感が出る
★ボケ感が出やすい

センサーサイズが大きいデメリット

☆カメラ本体が大きく重くなる
☆カメラの価格が高くなる

センサーサイズが小さいメリット

★カメラ本体が軽い

センサーサイズが小さいデメリット

☆高感度撮影に弱い
☆ボケ感が少ない


=== まとめ ===

写真の仕上がりを左右するのはです。
その光を取り込むためのものが「イメージセンサー」
そのセンサーのサイズが大きければ大きいほど、
光を多く取り込めます。

カメラで何を撮りたいのか、
自分に合っているセンサーの大きさのカメラを選ぶのが良いと思います!

この記事へのコメント