レンズについて(画角)

前回、焦点距離について記述しました。

そのときに、画角の詳細も掲載すればよかったのですが、
分けました!!

50mmは標準レンズと呼ばれ、
50mmより小さい焦点距離レンズのことを広角レンズと呼び、
50mmより大きい焦点距離レンズのことを望遠レンズと呼ばれます。

焦点距離の小さい広角レンズは写る範囲(画角)が広く、
焦点距離の大きい望遠レンズは写る範囲(画角)が狭くなります。

これで、数字が大の苦手な私でも
数字を見るのが楽しくなり、ま、す。汗

シェアする

フォローする